使い勝手を考慮した洗面収納 (K-020)

ご自宅のリノベーション工事における造作家具、建具、カーテン工事を承りました。 ご紹介がきっかけで、建築家のお客様からご依頼を頂きました。 今までは海外でご活躍され、今後は日本で活動されるとのことでした。 洗面収納   ご依頼物件は、ご自宅のリノベーション工事における造作家具、建具、カーテン工事です。 まずは自宅分を妥協なく仕事し、今後の仕事の経験にしたいともお聞きしていました。   メーカーショールームへも何度もご訪問され、当社でのお打合せも時間をかけて検討されていました。 そのこだわりと熱意に感化されてしまい、大晦日も作図作業していました。 メール送信後には、すぐにご返信とねぎらいのお言葉を頂き、無事完了するまでのお心遣いには、私も見習わなければならない点も多々ございました。   写真は洗面室の家具となります。 水ぬれに強い材料を基準にしつつ、普段の使い勝手などから材料を選びました。 上部のフィラー材、下部の台輪は通常より目立たないように設計されています。 扉は天井ぎりぎりまでの長さであり、すっきりと見えています。   トール収納の右扉は、お風呂を使われた際の濡れた手で大丈夫なようにハンドル付きとなります。 左側は濡れた手で使用されない収納品が主な為、あえてプッシュ式の扉としています。 カウンターは建築工事の際に壁に埋め込んでもらいました。   ■お客様のホームページ アツシイワタデザイン http://atsushiiwata.com/     洗面収納   洗面収納

「使い勝手を考慮した洗面収納」に関連のある記事をお探しいただけます

「使い勝手を考慮した洗面収納」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ