第581回 2017.05.08

店舗施工業者様の仕事ぶりにはビックリしました。

当社はこれまで、主に一般住宅を主体に営業をしてきました。

ここ最近ですが、店舗関係の仕事依頼が多く発生するようになりました。そこで感じることですが、店舗関係の仕事ではまず工期が極端に短いことです。依頼が来てその月に施工をすることなどは当たり前の感じですよね。当社のスタッフうまく対応できるようになったようです。

さて、私が連休前の引き渡し物件で、医院の家具工事を担当いたしました。家具の製作に関しましては、設計士様と打ち合わせをしまして、ある程度ゆとりを持ちながら進行をいたしました。二回に分けての工程を組み進行することになりました。

一回目は取り付けを必要とする家具の施工で、二回目はただ置くだけのソファーの納品です。ただ現場の施工は期間が短いためなかなか進んでいないように感じます。一回目の工事の際は、取り付ける場所に置いてある荷物を整理しながらの取り付けになりました。現場監督に尋ねますとまだまだ余裕があるとのことです。自信を感じさせる様子には関心をしていましたが、さて引渡しの前日にソファーの納品に行った際は、さすがにびっくりいたしました。

掃除がまだ終わっておりません。店舗入り口のドアーの取り付けが行われています。また、まだクロスを貼っている状態でございます。監督に尋ねますと、少し遅れてはいるが明日の引き渡しには問題がないとのことです。

 

以前、逗子駅前の店舗の仕事をさせていただいたことがあります。

入り口ドア―の製作依頼で、高さがおそらく4.5m位だったかと思います。このドアーが収まらなければ店舗のオープンが危ぶまれるのではと考えました。それを考えると気が収まりません。それからは店舗の仕事を受ける気にはなりませんでした。

 

さて今回の店舗ですが、見事引き渡しを完了されたとのことを後日お聞きいたしました。

すごいですね!

 

引き渡し前日の写真をご覧くださいませ。

 

引き渡し前日ですが、入り口のドアーを取り付けています。職人さんに明日引渡しのことを伝えるとびっくりしていました。

 

   

 

この状態ではソファーの設置もできません。

「店舗施工業者様の仕事ぶりにはビックリしました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ