第582回 2017.05.14

「気導術」その後の報告。

この週刊日誌421回週刊日誌437回で紹介いたしましたが、私は“気”の訓練をしています。

偶然の縁で、「気」を取り入れた治療をしている「気導術」を学ぶことになりました。一時はこちらを本業にしようかとも考えたほどです。

 

さて3年ぶりの報告をさせていただきます。実はここのところあまり熱心な訓練はしていませんでした。ところが今年初めしばらくぶりに訓練に参加することになりました。そうしましたところ、また情熱が戻ってまいりまして、毎朝30分前後の訓練を欠かすことなく行っています。

その効果があってか、最近では両手を一杯に広げた状態で、中央に置いたティッシュペーパーを動かせるようになりました。

 

先日当社を80歳くらいの女性が訪ねてこられました。目的は当社でプレゼントをしているカーテンの残布がほしいとのことで、知人とともに来社をされました。カーテンの残布は2階にあり、ほしい生地を観てもらわなければなりません。ところがその女性は足が不自由で、結局階段は手を着きながら登ってまいられました。生地を選ばれた後、自宅までお送りすることに致しました。

さておせっかいな私が、足をマッサージしてあげることになりました。特に不自由な左足はむくんでいます。両方の足を30分くらいマッサージしましたところ、左足のむくみは幾分無くなってまいりました。また歩くのが楽になったとのことでした。

その後3回ほどマッサージをしてあげましたところ、ひどかった左足は完ぺきに治ったとのことです。

私はまだ未熟ですが、お役にたてて嬉しいですね。

「「気導術」その後の報告。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ