『保育園家具』神奈川県産の杉材 (T-017)

公共施設の家具で、神奈川県産の杉材を使ってほしいとの製作依頼がありました。
神奈川県産の杉を使う今回の過程で、神奈川県の山の現状などが分かってまいりました。

 

神奈川県産の杉を使用した家具1

 

 

先人達が育ててくれた杉や桧は利用期にきているのにそのまま山に放置され、荒廃が進むばかりです。
森林が活性化すれば、
1. そこには雇用が生まれる。
2. 川・海がきれいになり、漁業の発展にもつながる。
当社などの零細企業の活動でも、多くの皆様方の参加があれば今後の神奈川県産材のみならず、 国産材の発展にもつながると考えております。
今後当社としては、積極的にこの「神奈川県産材」の発展に貢献していこうと考えております。

手入れがされていなかったので、死に節がたくさんあります。
(杉材の成長過程の中で、枝の伐採をしてこなかったので、板状にした場合枯れた枝節の部分は 抜けて穴があいてしまいます。
そのためその部分をほかの材料で埋めて使用いたします。)

 

神奈川県産の杉を使用した家具2

 

 

神奈川県産の杉を使用した家具3

 

 

神奈川県産の杉を使用した家具4

 

 

神奈川県産の杉を使用した家具5

 

img_0090 img_0089

 

然乾燥の風景です。 広いスペースが必要ですね。

 

img_3002 img_4570

 

神奈川の水源、津久井・青根地区の景色です。 作業風景です。

 

img_4582 img_4591

 

作業風景です。

 

「『保育園家具』神奈川県産の杉材」に関連のある記事をお探しいただけます

「『保育園家具』神奈川県産の杉材」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ