『極薄(奥行12㎝)のカウンター下収納』(K-035)

こんなに狭いカウンター下であっても収納家具が作れます。
カウンターのでっぱりは12㎝しかありませんでした。
コーヒーカップ&ソーサー、ティッシュケースが収納できます。
奥行がないからといってオープン収納にすると、ホコリがたまるのでそれはNGと言われていました。
ガラス扉にするとより奥行を確保できますが、外から見せたくないというお話でしたので、条件を
すべて満たした上で内部の有効奥行10㎝の家具ができあがりました。

 

≪Before≫                ≪After≫

 

 

表面は白色塗りつぶし塗装です。カウンターの角は少し大きめなアール加工がされていましたので、
そのアールに合わせて下の家具もアール加工しました。
少しでもアールがあわないと、家具は作り直しになってしまう緊張感がじつはありました。

 

「『極薄(奥行12㎝)のカウンター下収納』(K-035)」に関連のある記事をお探しいただけます

「『極薄(奥行12㎝)のカウンター下収納』(K-035)」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ