『タモ材 下駄箱収納』 (S-044)

新築住宅における大型の下駄箱収納を製作しました。
奥行が冷蔵庫と同じくらいの600㎜もありますが、床~天井まで製作しているので
その奥行の大きさを感じないようにしています。
外部は天然木タモ材の柾目を使用し、木目は縦方向にして製作しました。
開閉方法は手掛式の溝があり、ツマミなどの余計なでっぱりがないのですっきりとしています。

 

 

鏡がついている扉がありますが、他の扉と同じでっぱりとなるように扉厚を調整して製作しています。

 

 

内部の棚板は奥行サイズの違う棚板を3種類用意してつくりました。
奥行の浅い棚板が前後にあり、奥行いっぱいの棚板もあります。
奥が深いだけでは靴を前後で置いてしまい
あまり使わない靴は奥になりますが、棚板の段差が違うので奥の靴が見えるようにと工夫された家具です。

 

「『タモ材 下駄箱収納』 (S-044)」に関連のある記事をお探しいただけます

「『タモ材 下駄箱収納』 (S-044)」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ