『アンティークキッチン』(K-033)

アンティーク調のキッチンと食器棚を製作しました。
重厚なデザインがお好みの奥様でしたので、材料も木目に力強さを感じる北海道産のナラ材を
使用しました。木目をいかした濃い色に着色し、艶なしのウレタン塗装をしています。

扉の基本デザインとして、無垢材の框組(四方枠)としています。
扉の外周を少し大きめな面取り加工をすることで人工素材にはだせない立体感、
そして無垢材らしさをだしています。

 

 

■キッチン内側
コの字型のキッチンは、右隅・左隅がデッドスペースになってしまいます。
そこを工夫することでまったく無駄のない、収納空間としています。

・食洗機表面も同素材のパネルをつけています。

 

・食洗機の左横、わずかな空間に包丁刺しがつけられるにしています。

 

 

【右端のデッドスペース】
写真右端のデッドスペースは、扉を操作すると収納棚がでてきます。そして、その奥から
さらに連結された収納棚がでてきます。ドイツ製の高品質のメーカー品です。
※外からはまったく見えない家具の内部は、汚れ防止・掃除のしやしさ、そして費用を
 抑える目的から白い人工素材を使用しています。適材適所を心がけました。
 

 

【左端のデッドスペース】

 

上側は炊飯器を置くスペースです。その下はワゴンとなっています。
さらにその奥のデッドスペースには、ワゴンが1台隠れています。

 

【手前ワゴン】他の扉と同じ無垢材。手前に引き出してもキャスターは見えない作り。

・じつはワゴン裏が収納になっています。そして奥には右下写真のワゴンがもう1台あります。

■扉デザイン:木製扉、ガラス扉
・扉の外周まわりは面取り加工が施され、木製扉の鏡板には厚みのある無垢材を使っています。
 ガラス扉の鏡板は厚み5㎜のクリアガラスとし、その表面には木の桟をつけてみました。
 お客様、そしてコーディネータの方とすべてゼロから作りあげた意匠です。
 

 

■引出しの一部
・アクリルの仕切りをもうけています。お箸、スプーン等に。

 

■吊棚②
・開けると奥に分電盤があります。

 

■その後
お引渡し後、下の写真をようにご使用いただいている写真をいただき、お客様と考えて
作りあげたものが無駄になっていないと嬉しく思いました。
「『アンティークキッチン』(K-033)」に関連のある記事をお探しいただけます

    「『アンティークキッチン』(K-033)」を見ている方はこの記事も見ています

    • 人形ケース

      人形ケース

      人形ケースを作らせていただきました。 お部屋を拝見してからのプラン作りになりましたが、部屋に入りますとすごく落 ...…

    • 照明付きニッチです

      照明付きニッチです

      建設会社を経営しておられるお客さまからの依頼でした。 数多くのご注文をいただきましたが、その一部でございます。 ...…

    • 上品さと柔らかな色合いを持った暖炉

      上品さと柔らかな色合いを持った暖炉

      建設会社様からのご依頼でした。 当社から提案させて頂いた点は天板形状、飾り柱の意匠、寸法・色などです。 建築に ...…

    • 曲面(アール)収納家具・飾り棚

      曲面(アール)収納家具・飾り棚

      梁が目立つお部屋でしたので、既製品では無駄なスペースが多くなってしまうため、 オーダーでテレビボードを製作した ...…

    ページ上へ