第440回 2014.07.14

玄関に照明付きニッチを造りました。

依頼主は5・6年前にご縁がありましたお客さまでございます。
そのときは自宅の家具製作の依頼でございましたが、非常に当社を気に入っていただき、思い通りのプランにしたいため“今の住まいを売却して一軒家の家を建てる!”とまで決断をされましたお客さまでございます。
結局は駅前の豪華マンションをご購入されました。

今回は引越しをされる先のお住まいでの家具作りをさせていただくことになりました。
家具の中で一番印象に残りました、玄関のニッチを紹介いたします。
ご要望は玄関に掛け軸および、小物の置きものを飾るのが目的でございます。

すべてに妥協をされないお客さまですから、ご要望以上の提案をしなければなりません。
神経を使ったところは、飾られるものは非常に由緒あるものばかりのはずでございます。
その飾り物を邪魔しない設計でございました。
そのためには1枚扉の大きな引き違い扉にすることにいたしました。
そのためには扉を脱着する際、扉の大きさより狭い隣の壁が邪魔をいたしました。
どうにか解決いたしましたがいかがでしょうか。

また置物が、いかにも空間に浮いているように見せたいために、鏡とガラスを併用いたしました。
そのような過程で完成をいたしました。
お客様も非常に気に入られたご様子でした。

140714_1[1]

140714_2[1]

140714_3[1]

140714_4[1]

「玄関に照明付きニッチを造りました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ