第416回 2014.01.20

人生、生きていくことが楽になった「地獄の訓練」を紹介します。

習慣日誌のあいさつで紹介をしていますが、私のこれまでの人生の中で大きな転機になった「地獄の訓練」を紹介いたします。
数日前に訓練学校の営業S様が年始の挨拶にこられまして、その当時を思い出しました。
私は運勢が低下するときには内面の充実を心がけるようにしています。
そのため10年前にはテレビなどで紹介されたことが多数あるかと思いますが、「地獄の訓練」。
2年前には「町田宗鳳」様の「ありがとう断食セミナー」への参加。
いずれも私の人生設計の中で、大きな影響を与えてくれました。
今回はその中で、地獄の訓練を紹介いたします。
内容は習慣日誌11回目・12回目のページをそのまま紹介いたします。(文章が今もそうですが、下手ですね!)

習慣日誌第11回

地獄の訓練1回目
週間日誌1回目に約束いたしました「人生、生きていく事が楽になった」静岡、富士宮での「地獄の訓練」の一部を紹介したいと思います。
長くなりますので2回に分けさせていただきます。
訓練を知ったのは、当社のお客様で、女性だけの会社ですが、リフォーム事業をされている女性社長、萩原さんの会社を訪ねたときのことです。
訓練を受けたばかりの萩原さんの姿はまさに“後光が”さしているようでした。
私はその姿を見てすぐ訓練を受けることにしました。
訓練期間は約2週間(1年間で行うべき訓練を凝縮した結果の日数との事)6時起床、7時から体操、朝礼で始まり夜9時までびっしりの訓練です。
訓練内容は、挨拶、大きな声を出す、整理整頓の徹底など社会人として基礎的なことはもちろんのこと、企業で通用する能力を身につけたとき、卒業の資格を与えられるという内容です。
私は会社が毎年暇になる9月1日から受けることにしました。ところがその年(2年前)は結果的に1年で一番忙しい期間になり、従業員たちの反対を押し切って参加することになりました。
訓練初日、参加者は約140名、その中で社長は私一人でした。
朝7時の体操が終わり朝礼のとき壇上の先生が“誰か抱負を述べたいもの挙手!”の号令、(実は全員手を上げなければならないのです)。
真っ先に私が指名されました。
私は心の準備も出来てなく、また人前でしゃべることから逃げていた人物ですから、壇上でしどろもどろしていると小林先生が大きな声で“みなさーん、安心してくださーい、これで社長ですから・・・・”。

朝礼が終わったら会社からの電話、(一大事以外は連絡してはならない決まりになっている)“大手ゼネコンさんの仕事でトラブル発生、くだらない訓練などしてないで早く帰って来いと言っている”との事、私は、“全てお前たちに任せたはず、たとえ会社がつぶれてもしかたがない”と答えたものの、内心、2週間後会社はどうなっているのだろう・・・。
この様な訓練始まりでした。後半は次回にさせていただきます。

習慣日誌第12回

地獄の訓練2回目
前回の続きになりますが、テレビで放送されたビデオを見せてもらっていたので覚悟は出来ていましたが、思った以上に厳しい訓練でした。
長くなりますので非常に有意義だった訓練のみを紹介いたします。

1.会社の問題点を100上げよ。(レベルが低い内容のものは通らない)
これには訓練生みんなが苦労していました、30,40くらいまではどうにかあげられるがそれからが大変です。
また3日間でしたが、広さ2帖位の“ポチ小屋”で自給自足をしながら問題点を考える訓練。徹夜同然の訓練生たちも何人かいたようです。

2. 問題点100の中から重要な問題点を20選んで
1.現状、その為に何が起こっているか
2.現状を点数で評価(100点を満点とし)し、その点数を何点にしたいか
3.目標設定(いつまでに、どのようにしたいか)
4.どうすれば解決するか

訓練中いろんな問題が発生しましたが(長くなりますので内容は省略いたします)先生方の能力の高さ、全て計算されたもとでの教育でした。(一時は、先生方でも感情を抑えきれないことがあるんだなと思っていましたがそれは間違いでした)
訓練10日目くらいのとき先生が、“このクラスで誰か朝礼の司会をやってもらえないか”。誰も手を上げるものはいませんでした(もちろん私も)。それからの2日間は自分が情けなくなり、何のためにこの訓練を受けに来たのか自問自答しておりました。やっと決心し”先生、明日の司会を私にやらせてください“翌日の壇上では、完璧ではないものの、あまり緊張しない状態で立つことが出来ました。
2週間の訓練が終わり、いざ心配していた会社に出社したところ、私がいない期間を見事守ってくれていました。(お客様に言われたことですが、朝方ファックスが届いたりしていたようです)
最近、緊張が薄れてきている感じがいたします。 “大変な社長だったよ”といっておられた小林先生!
その社長が来年また行きますのでよろしく・・・。

今年は運勢が良いようですが、町田宗鳳様に会いに行きたいと思います。
運勢がいいときは「謙虚に生きる」を心がけます。

管理者養成学校「地獄の訓練」ホームページ
http://www.hell-camp.com/  

「人生、生きていくことが楽になった「地獄の訓練」を紹介します。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ