第413回 2013.12.24

ご供養家具の写真に、オーブ(たまゆら)が写っていました。

3ヶ月前になりますが、ご供養家具(納骨祭壇)をお客様のオリジナルなデザインで製作することになりました。
バックの金色和紙の裏には、お客様がなくなられたお母様に対しての気持ち、「感謝」の文字が貼ってあります。
感謝の文字は、和紙にお客様ご自身に書いていただいたものです。
製作にてこずり、ご注文をいただいてから完成するまでに、3ヶ月の期間を要しました。
完成後お届けをして設置をいたしましたが、ご主人様と一緒に写真を撮らせていただくことになりました。

一ヵ月後、修理を頼まれていたご供養家具の中に飾るお供え物を届けに伺いましたところ、見てもらいたい写真があるとの事です。
写真の中で何枚かにそのオーブガ写っています。
専門家に尋ねられたところ、お母さんが喜んでおられるとのことだったそうです。
私も気になり、自分で撮った写真を見直してみましたが、写っていません。
やはりお母さんを想う、お客様の気持ちとの違いがあるのでしょう。
・写真の掲載は差し控えたいと思います。

 

 

「ご供養家具の写真に、オーブ(たまゆら)が写っていました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ