第398回 2013.09.09

健康診断・再検査の結果

毎年健康診断を受けていますが、最近は1年以上にわたり、非常に体調がいい状態です。
ところがいい結果を期待していたところ、診断日の前後3・4日は体調がよくありません。
やはり異常が見つかり、それも「大動脈瘤・血管の石灰化」、総合評価はEの、用治療でした。

早速大学病院でのMRIの検査を受けることにしました。検査準備のための血液採取がありましたが、採取を担当された看護婦さんが驚いています。
“すごい勢いですね、何か血液さらさらの薬を使っておられますか!”とのこと。
血液が綺麗な状態で流れていれば病気にならないとは私の持論でございますので、このことは嬉しかったですね。
再検査の結果、“何も問題はないようですね、毎年様子を見ることも必要がないようです。”
とのことでした。

以前にもこのようなことがありました。
生命保険に加入するのに際し、健康診断が必要になりました。
そのときも今回同様、審査日に体調がよくありません。
その結果、保険加入不適当とのことでした。
私は保険会社に再検査をお願いしました。
べつにどうしても保険に入りたいからではなく、健康診断の結果が納得いかず、はっきりしたかったからでございます。
そのときも結果は、何の異常もありませんとのことでした。

ただその逆のケースもありますから注意したほうがいいですね。
もう10年以上前になりますが、検診の結果何の問題もないとのこと、ただ自分では問題があると感じていました。
旅行先でマッサージを受けると、すぐに病院に行くように言われました。
その数日後に眼底出血になり、また胃潰瘍になるなどたいへんな2年間を過ごすことになりました。
マッサージの先生の指先感覚は大変なものですね。

 

「健康診断・再検査の結果」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ