第390回 2013.07.16

感動の場面に出会えました。

それは知人の家での出来事でした。

夜7時ごろでしたが、月下美人の花が咲き始めたとのことで庭に出てみましたところ、つぼみ5輪が咲き始めています。
家族の方々とはしゃいで観察していましたら、今度は自動車のタイヤでせみの幼虫が脱皮をしているとの声がします。
脱皮したすぐ後は何回か見たことはありますが、脱皮の瞬間を見るのは初めてでした。
日が落ちてから間もない時間に脱皮していたのですね。

それでもなんで自動車のタイヤを脱皮の場所に選んだのか不思議です。地面はコンクリートになっています。
幼虫がいたと思われる場所は以前キンモクセイの木が生えていたところかと思います。
その近くには小さな木や草花が茂っていますし、またタイヤまでは3・4mの距離がありますから不思議です。

また、月下美人はなぜ夜にしか花が咲かないのか不思議でした。
調べてみましたところ、原産地は中南米で、受粉の媒介にコウモリが欠かせないようです。

感動した夜の出来事でした。

 

130716_1[1]

 

130716_2[1]

 

130716_3[1]

 

130716_4[1]

 

130716_5[1]

「感動の場面に出会えました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ