第346回 2012.09.03

最近は田舎の子供も外では遊びません。

先々週の週間日誌の続きになりますが、今年の夏休みは山小屋周辺の草取りを終えてから、
熊本に帰省いたしました。
目的は法事もありましたが、私の実家及び父の本家、また母の本家のお墓参りのためでございます。

実家には中学3年を筆頭に、男3人の子供がいます。
到着したのは昼の1時でした。
下の二人はゲーム機で遊んでいます。
中学の長男は寝ている様子です。

早速3箇所の墓参りを終えて3時ごろに実家に帰ってきますと、
二人は相変わらずゲーム機で遊んでいます。
寝ていた長男を起こし、ゲーム機で遊んでいた二人を連れて
小学校までの散歩に行くことにしました。

暑い中往復4キロの散歩でしたが、散歩の途中に魚がいそうな川がありました。
散歩を終わり、気乗りがしていない3人を連れて、今度は魚釣りをすることに致しました。

以前のように魚釣りをする人が少なくなったこともあってなのか、糸をたれますと入れ食いです。
20cm~30cmのスズキに似た魚です。たぶん外来種のバスかもしれません。

同じ魚を20匹くらい釣り上げたころには、私が飽きてまいりました。
ところが3人組は面白くなったのか、やめようとはしません。

子供達とはそのような楽しい一日になりました。
私が子供のころは毎日、日が暮れるまでセミを採ったり、
魚釣りをしたりして近所の子供は皆外で遊んでいました。
遊び方を教えてくれる大人や上級生が、少なくなったのが要因でしょうか。

さて私は翌日、中学校の恩師76歳と63歳の同級生二人を交え4人で、
炎天下のもとゴルフを楽しみました。
遊ぶことに関してはまだバリバリの現役ですね。

「最近は田舎の子供も外では遊びません。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ