第334回 2012.06.05

一日一食にしてから一ヵ月半。はたしてその効果は・・・?

週間日誌328回で紹介いたしましたが、4月20日から三日間の断食を行いました。
実はその時をきっかけに、食事を一日一食に致しました。
以前から朝食はとっていませんでしたが、私は夕食の時ほんの少々ですが酒を飲みます。
平均しますと500mlのビール2本と焼酎水割り2・3杯程度です。
結構それだけでカロリーは充分ですよね。

体型の変化としましては体重が2kgマイナスの53kgになったことと
ウエストが3・4cm小さくなったことでしょうか。

体重のマイナスはちょっと気になるところですが、その他の変化としましては
1、高かった血圧が平常になる。
2、朝起きてからの体調が毎日すっきりしている状態である。
3、毎回の食事が素晴らしくおいしい。

などなど、良い事がたくさんございます。

これまで朝起きてからの体調が良い時悪い時は、バイオリズムの関係だとばかり思っていました。
また食事が非常においしく感じますし、こんなことがございました。
ゴルフ場での昼食の時、あまりにおいしいので仲間に少し分けてあげました。
相棒はあまり感じない様子です。
今考えますとその料理がおいしかったのではなく、
空腹の状態で食べたことが要因だった気が致します。

これまでは惰性で食事をしていたようで、これからも一日一食を続けてまいり、
半年後1年後くらいにまた報告いたします。

「一日一食にしてから一ヵ月半。はたしてその効果は・・・?」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ