第291回 2011.08.01

国産材“杉”を使って家具をつくりました。

この度、健康住宅を推進しておられる建設会社様からの依頼で、国産杉を使った家具を作らせていただきました。
 
戦後これまで、建築や家具・建具に関し、輸入材の安さからほとんど国産材は使われてきませんでした。
 
また、使用される材料も最近では合板や化学製品が主流ではないでしょうか。
 
最近になり、お客様が健康を意識された住宅をお求めになられる傾向が高くなってきた感じがいたします。
 
また、国産材を使う傾向も増え始めてきているようです。
 
これには、各都道府県が働きかけた効果が出始めてきたようです。
 
木材が健康にいいことは科学的に証明されているようです。
 
先日、飛行機内の雑誌で紹介されていましたが、2泊3日の森林の効果が1ヶ月も持続するとか、杉の椅子と机を使った学生さんの免疫やストレスが、スチール家具の学生さんより良好だったとのこと。
 
さてそのように期待され始めた国産材の杉で収納家具を作りました。
 
結局は昔の住宅そのものの気がいたします。
 
当社としてもこの国産材の普及、特に当社が神奈川県のため、神奈川県産材の普及に貢献できないか、社員一同で検討中でございます。
 
山を活性化させる工程には雇用が発生し、活性化すれば川は綺麗になり、最終的には海が綺麗になり、将来的には漁業も活性化しそうな感じがいたします。
 
家具
 
家具2

「国産材“杉”を使って家具をつくりました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ