第255回 2010.11.08

「地獄の訓練」、校長が来社される。

私が「地獄の訓錬」を受けてから5・6年が過ぎたかと思います。
 
週間日誌11回・12回で紹介していますが、訓練を受けたおかげで“人生、生きていく事が楽になった”そんな感じです。
 
企業のトップが、私どものような小さな企業にまで、挨拶回りをしておられる姿には感心致します。
 
当社は私含め、まだ5名しか送り込んでいません。
 
佐川急便さん・大東建託さんなどは、すでに7000名か8000名の訓練生を送り込んでおられると思います。
 
商売の原点を教わっている気がします。
 
帰られた後CDで校歌を聴いたところ、訓練当時がよみがえってきました。
 
それから3・4日間は、車の中で毎日校歌を聴きながら運転をしていました。
 
そのような過ごし方をしていた時に、かかりつけのスポーツトレーナーを訪ねてみました。
 
私の表情を見るなり、以前と顔の表情がまったく違うとの事です。
 
以前は呼吸が浅く、顔の表情筋もあまり使っていなとのことでした。
 
校歌を聴いているうちに知らぬ間に、顔の表情までがよみがえっていたようです。
 
校長、有難うございます、いい刺激を頂きました。

「「地獄の訓練」、校長が来社される。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ