第159回 2008.12.01

相撲・九州場所での観客席の異常な風景。

先々週、九州場所が終わりました。
 
安馬が活躍して非常に嬉しかったですね。
 
小さい体ながら全うな戦いで望み、ついに大関の地位を実現いたしました。尊敬いたします。
 
ただ、テレビ観戦をしていて違和感を感じたのは、観客席の閑散としたお客様の観戦風景でした。
 
たぶん、50%以下の入場者率が続いたのではないかと思いました。
 
以前、若・貴の時代は毎日が“満員御礼”でした。
 
相撲人気の減退はあるかもしれませんが、金融問題の発生に始まった今回の景気減退が、大きく響いたようにも感じました。
 
また、思った以上に我々の身近に近づいてきているようにも感じました。
 
我々商売人やお勤めしておられる方々、今後非常に苦戦を強いられる時代になるかも分かりません。
 
消費することが美徳といわれてきた今までが、おかしな時代だったかとも思います。
 
これからは原点に戻り,我々の年代の人は“もったいない”を思い出し、若い人たちはそれらの良い所を真似て後世に伝えてもらいたい。
 
そうなればいい時代がやがて来るのではないでしょうか。

「相撲・九州場所での観客席の異常な風景。」を見ている方はこの記事も見ています

  • 苦手な冬がやってきました。

    苦手な冬がやってきました。

    ただいま、新潟・苗場の山小屋でくつろいでおります。   朝の6時半です。景色は薄明かりの中、まばらな ...…

  • 新しい仲間

    新しい仲間

    またまた登板の茂木です。(最近出番が多いのです。。)   さて、今回は皆さんにご報告がございます。 ...…

  • 展示会レポート

    展示会レポート

        こんにちは。前々回の週間日誌で告知させて頂いたジャパンホームショーが無事終了致しま ...…

  • 個人的に気に入っている作品

    個人的に気に入っている作品

    これまで作らせていただいた作品は膨大な数になりました。   また、思い出に残る作品も非常に数多くござ ...…

ページ上へ