第140回 2008.07.14

今年のキュウリはちょっと変です パート2

前々回の週間日誌にも書きましたが、今年のキュウリの花は全て雌花ばかり・・・
 
つまり、雄花が咲かなければ、受粉がされなくて実ができません。
 
ところが、実がついたのです。それも普通のきゅうりとまったく変わらない立派なものです。
 
変なキュウリ2
 
不思議でなりません。農協に電話をして尋ねてみるが、明快な答えが返ってきません。
 
“他の畑で花粉をつけてきた昆虫が飛んできて、受粉させたのかな・・・?”
 
色々気になっていましたら、ついに解決いたしました。
 
教えていただいた人は、先日プライベートな旅行で一緒になった70歳代の男性です。
 
千葉の銚子で、趣味?として野菜を作っているとのことでした。(それにしても300坪とは広すぎますよね。)
 
その方がおっしゃるには、“雌花だけでも実はなります。ただし、種はできません”とのことでした。
 
私が、“詳しいですね!”と申し上げましたところ、“私は数学が好きで、理屈っぽいのです”とのことでした。
 
おかげ様で、やっとすっきり致しました。
 
旅行から帰ってみると、大きくなりすぎたきゅうりが2本ぶら下がっておりました。
 
早速、縦に二等分にしてみますと、見事! 種がありません。
 
大変勉強になり、有難うございました。

「今年のキュウリはちょっと変です パート2」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ