第19回 2006.02.13

付き合い

下請け職人さんとの付き合い
 
昨日新築祝いに呼ばれて行ってまいりました。
 
そのお客様とは当社が仕事をいただいている関係、つまり当社が下請けの立場になります。
 
その会社のことでいつも感心させられることは、1年間を通してたいした仕事量で貢献しているわけでもないしまた、1年間でゼロの年もあるのに、お中元、お歳暮を欠かされることがございません。
 
下請けを大事にされている社長さんのお祝いの席で、昨年の出来事を思い出しました。
 
昨年12月23日朝、ゼネコンさんの仕事でクレーム発生。
 
“家具の塗装が一部はがれている、明日引渡しだから明日午前中までに直してほしい”との事。
 
当日は祭日であり年末なので、知り合いに頼んでみたがどの職人さんも都合がつかない。
 
結局夕方頃、以前にもお世話になったTさん(女性)にお世話になることになった。
 
その職人さんの住まいが埼玉で現場が熱海、朝8時現場に来てもらい無事解決になった。職人さんいわく、“Tさんの頼みだったのでどうにかしなければとの気持ちでした”とのこと。
 
以前お世話になったときも同じ言葉を聞いた覚えがある。
 
私も職人さんとの付き合いを、ここまでに成るようにしなければいけないと思っております。

「付き合い」を見ている方はこの記事も見ています

  • 胃

    胃カメラ検査を受ける   先日胃カメラでの検査を受けたのですが、私が胃を痛めることは一生ないと思って ...…

  • 失敗談

    失敗談

    私の失敗談   最近NHKラジオで失敗談が視聴者から寄せられ放送されています。 大変面白くて車の中で ...…

  • 撮影

    撮影

    テレビで紹介される   先日、地元テレビ局から当社を番組で紹介したいとの依頼があり、快く受けさせてい ...…

  • 弱い人間

    弱い人間

    携帯電話の普及に関し思うこと   携帯電話が普及し、今ではなくてはならないものになりました。 &nb ...…

ページ上へ