第116回 2008.01.28

昨日の相撲、朝青龍・白鵬戦、興奮いたしました。

非常にいい相撲でしたね。
 
私はあまり最近の相撲に興味がありませんでした。
 
ただ今回は、白鵬にとって朝青龍が出場しなかった2場所の優勝の価値が問われる大事な場所であり、どのような相撲をとるか非常に興味がありました。
 
白鵬はそのプレッシャーの中で、よく力を発揮できたものだと感心いたしました。
 
今後一回りスケールの大きい横綱になる感じが致します。
 
日本人にとっては残念ですが、しばらく朝青龍・白鵬の時代が続きそうですね。

「昨日の相撲、朝青龍・白鵬戦、興奮いたしました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ