第640回 2018.07.02

シニアの5人に一人が低栄養状態とのNHKテレビ放映について

先日テレビを見ていましたら、シニアの人の食事で多くの方が栄養不足であるとの内容でした。

これまで私が感じていたことはその逆で、多くの方は食べ過ぎているのではないかとのことでした。

私は6・7年前から1日の食事は昼の1食にしています。

食事を減らしたことでの効果は、

 

・3年間続けて健康診断結果の要治療が、すべて解消されたこと。

・水泳で1km~2km泳いでも息切れをしなくなった。

・食事が大変おいしく食べられるようになった。

 

などなどです。

さてテレビの一部を紹介いたします。

 

 

これで食事内容が貧祖とのことです。

 

 

この方は90歳以上のお年寄りですが、アドバイザー?のアドバイスでこのような食事を勧められていました。

 

 

 

私の今日の食事内容です。

 

 

今回はコンビニでソーメンを買って食べました。これが1日で1回の食事になります。

 

私が考えるところの食事のとり方ですが、体の要求に従うことが一番重要かと考えています。

体が要求をしていない状態で食べても、結局は消化がされないで排泄されるか、また体に対しては負担が増えてしまいます。

 

そんなことでわたくしの場合は、体の要求に従うために心がけていることがあります。

体がお酒を求めているようです。1年365日、毎日500mlビール2本と焼酎などをストレートで3・4杯頂いています。

そんなことが体調維持につながっていると考えます。

「シニアの5人に一人が低栄養状態とのNHKテレビ放映について」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ