思い出がつまった椅子のリフォーム (t-509)

昭和初期の懐かしい制作方法で作られた椅子をリフォーム致しました。     以前からお付き合いしているお客様より、椅子リフォームの相談がありました。 椅子を見に伺いますと、そこには座のクッション部分にワラを使った椅子がございます。 おそらく50年以上は経って

いそうな椅子でございます。

 

東京のオーダー家具屋の作る思い出がつまった椅子のリフォーム1

 

わたくしが家具業界に入った時に見たことがある、昭和初期の懐かしい制作方法です。 私は快く受けさせていただくことにいたしました。 ただ引き受けていただく職人さんたちの了解を取らなければなりません。 どうにか私の熱意が伝わったようで、約一ヶ月の歳月はかかりましたが、椅子貼り職人さん、塗装職人さんたちの情熱で見事に完成いたしました。 その職人さんたちに共通だったのが、自分達の全盛期時代の椅子に出会えて、 また手をかけることができて嬉しかったとのことでした。 お客様は蘇った椅子にビックリしておられました。   東京のオーダー家具屋の作る昭和初期の製法の椅子のリフォーム1

リフォーム椅子の組み直しから始まります。

東京のオーダー家具屋の作る昭和初期の製法の椅子のリフォーム2

 

まつわりついている藁などを、丁寧にはがしてまいります。

東京のオーダー家具屋の作る昭和初期の製法の椅子のリフォーム3

 

最後は塗装職人さんの手により、立派なリフォーム椅子の出来上がりです。

東京のオーダー家具屋の作る思い出がつまった椅子のリフォーム2

「思い出がつまった椅子のリフォーム」に関連のある記事をお探しいただけます

「思い出がつまった椅子のリフォーム」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ