メープル材(板目)を使用した対面式キッチン (K-019)

お客様とはご紹介がきっかけでしたが、ご自身が建築家でもございました。

ご依頼物件はご両親宅におけるリノベーション工事でした。

その中で、造作家具、建具、階段踏板、カーテン工事をお手伝いさせていただきました。

お客様はこれまで海外でご活躍され、今後は日本で活動されるとのことでした。

 

※こちらのリノベーション物件は、JERCO リフォームデザインコンテスト2014全国大会にて

「戸建部門全国優秀賞」を受賞されています。

キッチン1

 

今回のご両親宅では妥協なく仕事し、今後の日本で仕事をしていく上でお客様目線で

生かしていきたいとお聞きしていました。

メーカーショールームへも何度も訪問され、当社でのお打合せも何時間をかけて何度も

ご一緒に検討しました。

そのこだわりと熱意に感化されてしまい、私も大晦日に作図したりしました。

メール送信後にはすぐにねぎらいのお言葉をいただき、無事完了するまでのお心遣いや

仕事に対する姿勢は私も見習わなければならない点が多くありました。

 

キッチン2

本体と扉の材質はメープル材の板目を使用しています。

吊棚は木目を縦方向に使用しています。ダイニング側の下台扉からキッチン

内側までは木目を横方向に、流れるように使用しています

あまり木目を強調させたくない意向でしたが、天然木なのでこれはその時の

材料次第となってしまいます。

実際には色も木目もご意向に沿うことができて、とてもご満足頂けました。

キッチン4

台輪部分はステンレスを使用し、キッチン側から引き出しとして使用できます。

配管に干渉しないようお客様指示のもと、計算して作られています。

 

キッチン5

 

 

天板は人工大理石を使用しました。

天板は形状が変形であり、大きさもあるので3分割されたものを現場でジョイント工事

して繋ぎあわせました。

ジョイントした部分はまったく分からないようになっています。

デザイン、材料選定、金物選定、塗装選定、収納計算、照明など、いろいろと時間は

かかりましたがお客様も私も納得いく家具を作ることができました。

 

■お客様ホームページ:岩田厚建築設計事務所  http://atsushiiwata.com/

「メープル材(板目)を使用した対面式キッチン」に関連のある記事をお探しいただけます

「メープル材(板目)を使用した対面式キッチン」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ