真鍮の象嵌をアクセントとしたリビングドアです。 (D-513)

マンションのリフォームで製作しましたリビングドアです。

依頼主様は建築関係の仕事をしておられる方でございます。

お客様などが見えられた時のことなどを考慮して、リビングの入り口として貧弱にならないようにと心がけました。

 

塗装は白ウレタン塗装50%艶出しで仕上げました。

ガラスは8㎜厚で、20mmの面取りになっています。

象嵌の真鍮は、6mmの無垢を使用いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

「真鍮の象嵌をアクセントとしたリビングドアです。」に関連のある記事をお探しいただけます

「真鍮の象嵌をアクセントとしたリビングドアです。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ