建築での構造材を、表舞台で取り上た物件です (D511)

完成をした建築では、通常では見ることはないであろう構造材を、建物の主役にされた物件の仕事をさせていただきました。

依頼をされた建築家は、建物のすみずみにまで神経を使っておられ、大変勉強になる仕事をさせていただきました。

  

内装全体が米松の構造合板仕上げになっています。

  

引手です。化粧ビスも見えますね。

  

どこがドアか収納扉か一見わからないですね。

  

上記同様ですね。

1本だけ長いビスがあります。引手です!

扉・壁一面にビスの頭が見えます。構造的なも

のではなく、化粧としてのビスでございます。

大変でした!

 

「建築での構造材を、表舞台で取り上た物件です」に関連のある記事をお探しいただけます

    「建築での構造材を、表舞台で取り上た物件です」を見ている方はこの記事も見ています

    ページ上へ