3年半かかった「見せたくなるスピーカ-四方蟻継(しほうありつぎ)」の完成です。 (U-007)

作るきっかけになったのは、40万円で購入したステレオです。届いてみますとイメージしていた音響と違います。リサイクルショップに7万円で買い取ってもらい、けっきょくは自分で作ることになったのです。

せっかく作るなら超精度の仕上げおよび構造で、一見すると製作不可能と思われるものにしたい。また外国の方も日本の技術にびっくりしてもらいたい。そう考えるとすぐに図面は頭の中に浮かびました。そんなことで挑戦することになりました。

職人さんはYさんしかいません。技能五輪全国大会第一位・世界大会特別賞受賞。

またこの日本の高い技術が継承されていってもらいたいとの想いがあり、それには商いが発生しなければなりません。

ただすべてをYさんが手掛けると相当な日数と高額な金額になってしまいます。そのためには荒削りはNC工作機で行い、仕上げをYさんで行うことになりました。

ただNC工作機で要望をこなせる技術者に巡り合うまでに2年がたちました。そのような経緯があり3年半の歳月になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

Scan-Speak 10F/4424GOO(フルレンジスピーカー)

Wavecor TW13WA01(ソフトドームツイーター)

スピーカー・・・335.000円(2台1組)(税別)

アンプ・・・148.000円(税別)

 

 

 

「3年半かかった「見せたくなるスピーカ-四方蟻継(しほうありつぎ)」の完成です。」に関連のある記事をお探しいただけます

「3年半かかった「見せたくなるスピーカ-四方蟻継(しほうありつぎ)」の完成です。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ