洗面カウンター (K-512)

去年の9月ごろに当社のホームページを見られ、問い合わせをいただいたのが始まりで、いいご縁につながりました。

設計士さんが入っておられるようで、内容を拝見しますと非常にこだわった仕様になっております。

当初のプランですと、天板は人工大理石での製作依頼でございます。このことはごく普通ですよね。ところが本体で見えるところ全てが人工大理石を使った仕様になっております。

製作すること自体は可能でしたが、それ相応に費用はアップいたします。

何回かのやり取りがありましたが、そのうちに連絡が来なくなりました。

てっきりどちらか他社で製作をされたのかと思っていましたら、12月に再度新たなプランでの依頼をいただきました。

こんどのプランでは、本体は天然木を使用するごく普通のプランでございます。ところが天板用として選ばれた人工大理石はびっくりする価格でございます。材料が1枚で40万円以上致します。

けっきょく天板に関しましては、製作図面は当社で描き、お客様が他で格安に提供をしてくれる会社を探され、そちらで製作するようになりました。

製作するにあたり配管が複雑で、製作図面を描くのに苦労は致しましたが、無事うまく収めることができました。

今回掲載させていただきました写真は、お客様自身が撮影をされ、当社に提供していただいたものでございます。

満足をされたようでうれしく思います。

 

28.3.31後藤

「洗面カウンター」に関連のある記事をお探しいただけます

「洗面カウンター」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ