日本古来の「からくり」を使った賽銭箱 (I-512)

菊名神社の賽銭箱を製作させていただきました。
材料はケヤキ材を使用いたしました。
おそらく今後100年以上にわたり使用されるかと考えますと、100年後の人たちがびっくりされるような仕事ができないだろうかと考え、以降のようにいたしました。

 

 

5枚目の写真に注目してください。

 

 

東京のオーダー家具屋の作るケヤキ材の菊名神社の賽銭箱

 

 

そこで江戸時代ごろかと思いますが、先輩たちが考案された組手を使うことにいたしました。一見製作不可能ではないかと思わせる組手でございます。

このような日本が誇る技術は、後世に引き継がれなければならないとの思いで取り入れさせていただきました。

 

東京のオーダー家具屋の作るケヤキ材の菊名神社の賽銭箱 東京のオーダー家具屋の作る菊名神社の賽銭箱

 

 

東京のオーダー家具屋の作るケヤキ材の菊名神社の賽銭箱 東京のオーダー家具屋の作るケヤキ材の菊名神社の賽銭箱

 

この天板の框はどのようにして組み上げたのでしょうか・・・(日本人職人の技術を継承していきたいですね)

 

からくり防犯家具 資料請求・お問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

「日本古来の「からくり」を使った賽銭箱」に関連のある記事をお探しいただけます

「日本古来の「からくり」を使った賽銭箱」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ