ハードメープル材のダイニングテーブル (T-014)

天板はテーパーをかけ、浮かせることで軽快な仕上がりを狙いました。 また、下から見上げても絵になるよう裏側の処理にも配慮致しました。 足と貫のジョイントは木口を出すと塗装した際、異質な仕上がりになってしまうため、45°のトメ加工で仕上げております。 シュリ桜材のダイニングテーブル[2] シュリ桜材のダイニングテーブル[1] シュリ桜材のダイニングテーブル[3]

「ハードメープル材のダイニングテーブル」に関連のある記事をお探しいただけます

「ハードメープル材のダイニングテーブル」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ