シンプルなガラスのローテーブル (T-009)

シンプルなガラステーブルがほしいというお客様のご要望だったため、脚部を限界ぎりぎりの細さに挑戦させて頂きました。
脚部の下方は細くするため三角形にしていますが、脚を細くしながらも強度を保つため、 天板に向かうにつれ四角形にしていくことで天板と脚とを接着させる部分の面積を多くとっています。 また、脚と天板は職人の確かな腕が必要である、日本古来の組み手を使うことで、より強度を増しています。
ガラスのローテーブル[1]

ガラスのローテーブル[3]

ガラスのローテーブル[2]

「シンプルなガラスのローテーブル」に関連のある記事をお探しいただけます

    「シンプルなガラスのローテーブル」を見ている方はこの記事も見ています

    ページ上へ