ハードメープル材のカウンター下収納 (K-013)

ダイニングテーブルが置かれる予定の中央部分は引戸になっています。

その左右は対称のデザインにして上段に引出し2杯、下段を観音扉にしました。

天板下に引戸レールを埋め込むことで余計な板が見えてこないすっきりとした意匠になっています。

引手はすべて掘り込み式にしています。引戸の手掛は弓矢の矢をイメージした意匠としています。

ハードメープル材のやさしい木目が室内との調和を演出しています。

ハードメープル材のカウンター下収納とテーブル[2]

引戸の幅と左右の扉は構造は違いますが、扉サイズを合わせて製作しています。

ハードメープル材のカウンター下収納とテーブル[3]

引戸を左右に開けた状態

ハードメープル材のカウンター下収納とテーブル[4]

 

ハードメープル材のカウンター下収納とテーブル[1]

テーブルも同じハードメープル材で製作させていただきました。

「ハードメープル材のカウンター下収納」に関連のある記事をお探しいただけます

「ハードメープル材のカウンター下収納」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ