からくりを使った  おもしろ建具 (D-001)

 

京都のお寺を見学していまして、製作が不可能と思われる建具に出会いました。
素晴らしい仕事をしている職人さんの技を、ぜひ後世に継承して行きたいと考え製作いたしました。

 

神奈川のオーダー家具屋の作る京都の丸と四角格子建具"

 

京都を訪れて視察中に発見した、某お寺の格子建具です。見た時に製作不可能だと直感しましたが、どうにか見抜くことができました。

 

京都のお寺とか店舗では、いたるところに職人技が使われております。

 

”俺の技が見抜けるか!見抜けるんだった見抜いてみろ!”と私に語りかけているような気がいたします。

 

一つ一つ解明してまいりますと、京都の職人技のすごさがわかってまいります。

 

少しでもその職人技を後世に伝えていけたらうれしく思い、今回の紹介になりました。

IMG_2996   IMG_2997

 

丸格子建具  縦・横の格子は枠に食い込んでいます。   どのようにしたら組めるのでしょうか。?

IMG_2998   IMG_2999

 

角格子建具  縦・横の格子は上下に食い込んでいます。  框枠のジョイント部分に注目してください。

どのようにしたら組めるのでしょうか。?

IMG_3001   IMG_3002

 

通常の千鳥格子建具   一般的な千鳥格子は、縦か横の格子のどちらか一方がつながった見え方になります。この     ばあいは、縦の格子が上下につながっています。

IMG_3004   IMG_3005

 

上の写真は本千鳥格子です。

 

この不思議、見抜けますか? 通常の千鳥格子建具は、縦か横のどちらか一方が勝っています。

そこで、縦も横もなんと1つ飛びになっていて、なおかつパーツが切れておらず、1本で仕上げることができないものだろうか、と思い挑戦をいたしました。

 

そして1年の歳月でついに完成いたしました。

 

なんと左甚五郎が作ったものと同じものを偶然作っていました。

 

後からわかったことですが、同じ物を江戸時代の伝説の彫刻職人の左甚五郎が製作していたのです。恐れ多くも偶然に同じ物を作っていたと分かり、恥ずかしながら嬉しい一品となりました。

 

・室内ドアおよび家具の扉としてお使いくださいませ。

 

 

 

からくり防犯家具 資料請求・お問合せはこちら

「からくりを使った  おもしろ建具」に関連のある記事をお探しいただけます

「からくりを使った  おもしろ建具」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ