第93回 2007.08.06

うなぎについて

以前、週間日誌で取り上げましたが、この季節になると子供の頃のうなぎ漁を思い出します。
 
漁の仕方

 
1. 餌をつけて糸を垂らし竿で釣る。
 
2. さおの先に短い糸(5cm位)と針をつけ、岩場の穴に竿の先を入れて、潜んでいるうなぎを釣る
 
3. 水中眼鏡をつけて、モリで突く。(岩陰にいる場合は、入り口近くで小指などを動かしたりすると、えさと間違えて出てくるのでその瞬間をモリで突く)
 
もりを使って捕る場合注意しなければならないのは、獲物をモリからはずす際に噛みつかれることがあります。
歯はありませんが、かまれると非常に痛いです、血が出ることもたびたびありました。
 
また、うなぎを観察しますといろんな違いがあることに気が付きます。
 
まず、色が大きく分けて3種類あります。
白っぽいうなぎ、これは海から上がってきたものかと思います。
黒っぽいうなぎ、これは川の下流にすんでいるものかと思われます。
黄色いうなぎ、これは川の上流から下ってきたものではないでしょうか。
 
また、頭(エラ部分)が細いものと大きいもの。
これはたぶん、食べ物の違いではないかと思います。
うなぎは獰猛ですから、どじょう・たにし・カニ・ミミズ等いろんなものを食べています。
たぶん頭が大きいのは硬いもの、たにし・カニなどを主に食べているうなぎでしょう。
 
近いうちに、うなぎ釣りに行く予定です。

「うなぎについて」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ