第80回 2007.05.07

ゴールデンウイークはイタリアに行ってきました。

ヨーロッパ旅行は今回が初めてでしたが、建築の文明はすばらしいものでした。
 
特に感動したところはポンペイの遺跡。
 
2000年も前に下水道が完備されており、また車道、歩道、横断歩道もすでに完備されていたことでした。(このことは頭の片隅には入っていましたが、現実を前にして感動いたしました。)
 
建築では入り口のレール跡から、レールは一本で、約4・5枚の扉を片方にたためるようになっていて、入り口を開放して商売をしていたのではないか。
 
また店内はあまり広くなく、歩道では車道側の石の減り方から、テーブルなどを歩道に出し接客していて、歩行者は車道寄りを歩いていたように想像いたしました。
 
ベネチアでは、ドゥカーレ宮殿が印象に残りました。木造建築でありながら、体育館より広い空間に柱が無い。
 
その他沢山の感動がありました。
 
今回はナポリからミラノまでを駆け足で回ってきた感じです。
 
私の勉強不足を暴露いたしましたが、次回はじっくり観察しながらもう一度行ってみたいと思っております。

「ゴールデンウイークはイタリアに行ってきました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ