第692回 2019.07.07

神奈川県産材のヒノキで飾り棚を製作いたしました。

弊社では神奈川県産材の普及を目指して、家具及びウッドデッキなどに使用しています。

弊社が使用する材料は、天然乾燥材になります。

国内で流通している材料のほとんどは、人工的に乾燥された材料になります。

人工的に乾燥された材料では、木材そのものに含まれている脂分まで少し失われてしまいます。

天然乾燥木材は人工乾燥木材にはない、木が本来もつ粘りや香り、美しさや色艶を残しつつ、もっとも大切な脂分を保つことが最大のメリットでしょう。
天然乾燥には時間がかかりますが、木は長い年月を自然環境の中で生き抜いてきました。また伐採されてからも木は呼吸をしています。

少しの期間はかけてでも木材をゆっくりと熟成させた材料として提供をして行きたいですね。

 

さて今回の住宅では、国産材をふんだんに使っておられます。

健康住宅を追及しておられる企業様ですが、今回の住宅に採用をしていただきました。

 

 

 

「神奈川県産材のヒノキで飾り棚を製作いたしました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ