第483回 2015.06.02

神奈川県産材・ヒノキで作るカウンター下収納家具

今回は神奈川の水源にあたる津久井の森で育った、ヒノキ材を利用して家具を製作いたしました。
ご依頼されたお客様は、30歳前後かと思われる若いカップルでございます。
家具の完成間際には、お子様も誕生されました。
 
さて当初は、メープル材の突板を使用して作るように進めていましたが、お家に伺ったところ天然木を多く使用されておられます。
できたら当社で在庫をしているヒノキが使えないかといろいろ考えてみました。
当社で在庫をしているヒノキは天然乾燥をした材料でございまして、直接材木商より入手していますので、良質な材料ですが価格は安く提供できるはずでございます。
ただすべての部分で無垢材を使用した場合、大幅な価格アップになるのではと思いました。
ところが職人さんの協力などもあり、ほとんど突板での製作と同価格でできることがわかりました。
そのような過程があり、いざ製作に入ることになりました。
 
約2か月の期間がかかりましたが、大変喜んでいただけた家具が出来上がりました。
お客様からは使用中の写真まで送っていただき、また感謝のお気持ちの言葉もいただきました。
どうぞ完成した家具をご覧くださいませ。
 
150602_1
 
150602_2
 
150602_3
 
150602_4
 
150602_5

「神奈川県産材・ヒノキで作るカウンター下収納家具」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ