第452回 2014.10.14

町田宗鳳様の「風のたより」に出席してきました。

週刊日誌328回で紹介したことがございますが、簡単にその時のことを報告いたします。

その時は町田先生が主催されておられる、「ありがとう断食」に出席をしたことでございました。
3日間の断食でしたが、この断食をきっかけに1日1食にするようになりました。
すると、3年間にわたって健康診断では“要治療”の体でしたが、なんと1・2ヶ月ですべての注意事項をクリアしていました。

また町田先生から、“今回出席しておられる方の中で、何名かの人は不思議な体験をされます。”と言われていました。
実は後に不思議な体験をしたのは私でございました。
その年の暮れから翌年にわたって、NHKテレビでは2度・フジテレビでは1度当社をテレビ放映していただいたのです。
そのおかげで当社が開発いたしました、自宅に置くお墓「ご供養家具」が全国に知れ渡るきっかけになりました。

今回は私の個人的な事情により、2年半ぶりに町田先生にお会いすることになりました。
今回もただ無心に、自分の体や魂に感謝をすることや、両親を始め家族及び友人・これまでお世話になった方などを思い出し感謝をすることでした。
感謝念仏を唱えたり、町田先生の言葉をお聞きしたり、出席者の方々との懇親会などを含め5時間くらいのひとときでしたが、久しぶりに頭からは日常のことが忘れられ、心身ともにオーバーホールができた感じです。

町田宗鳳様の言葉より

「風の集い」は組織ではありませんので、風のように来て、風のように去って下さることを趣旨としています。
聖書の「風」という言葉はプネウマ(聖霊)を意味し、宗鳳の「鳳」にも「風」という意味があります。
「風の集い」は、自分の中の魂と対話する場ですが、この集いに、どこからともなく心地よい風が、そよそよと吹いてくることを私は祈っています。

町田宗鳳様の経歴などは、下記ホームページをご覧くださいませ。
http://www.arigatozen.com/index.php

「町田宗鳳様の「風のたより」に出席してきました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ