第428回 2014.04.14

気導術の合宿訓練その後。

習慣日誌421回・425回で紹介しましたが、3日間の合宿訓練から3週がたちましたが、その後の報告をいたします。

気導術に参加するきっかけは、10年間正座ができなかった膝をわずか15分のマッサージで正座ができるようにしてくれたことでした。
ただその後正座をしなければならない日が2日間続き、また膝が少し痛むようになっていました。
気導術のスタッフに相談したところ、もう自分で治せますよとのことです。
半信半疑でしたが、言われたとおりに試してみましところ、なんと5分ずつくらいのマッサージの2日間で、完全に直ってしまいました。
今度はよくなりすぎて、もう片方の膝が気になりました。
そちらは簡単に直すことができ、今では両膝とも完璧な状態でございます。

私の体には、たいへんなエネルギーが宿った気がいたします。
手のひらとか指先は、なんだかピリピリした感じで弱い電流が流れているようです。
両手のひらを1mの間隔に開き、中央にティッシュペーパーを置き手を動かしますと、そのティッシュペーパーが動くようにもなりました。
また一ヶ月ぶりに泳ぎに行きましたが、気がつきましたら息切れもしないで、2.2kmを泳いでいました。
これまで2km以上泳いだことはありません。

今現在は、体調を悪くしている知人の体を診たりしています。
今後はもっと訓練をして、多少なりとも体を病んでおられる方の手当てをしてあげられたらと考えています。

「気導術の合宿訓練その後。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ