第427回 2014.04.07

懐かしい色の家具製作依頼あり。

私が商売を始めた35年位前は、家具といえばワイン色全盛期の時代でした。
特に婚礼タンスなどは、半分がこの色だったと記憶しています。

あれから久々にその色で作らせていただくことになりました。
非常にこだわられたプランになっています。
これはたぶん設計士様の緻密なアイデアからかと思われます。
帽子掛け・ベルト掛け・時計収納・宝石・ネクタイ、その他あらゆる物を収納しながらそれらを飾って見せるプランになっています。
中段カウンタートップは15mmの強化ガラスになっており、ガラス越しにその下の引き出しの内部が見えます。
ただ設置場所は納戸ですが、リビングに設置した気持ちですね。

さて私はたいへんな勘違いをいたしました。
うっかりガラスと引き出しの間に仕切り板をつけてしまったのです。
そのためガラス越しに引き出しの内部を見ることはできないわけですから、中段カウンターは作り直すことにいたしました。
ただお客様は非常に気に入っていただき、ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、終始気持ちよく対応していただきました。
交換したカウンターは偶然にも、打ち合わせのため私の車に同乗されたお客様が使ってくれることになりました。

下の写真では、交換前と後がわかるかと思います。

カウンター交換前

140407_2[1]

 

140407_1[1]

 

140407_3[1]

「懐かしい色の家具製作依頼あり。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ