第412回 2013.12.16

うれしい便りがきました。

2年ぐらい前に製作させていただいた、お客様からの感謝のハガキでございます。

障害をもたれたお子様用に作ったサークルベッドのお客様からでございました。
ご相談があってから完成までには約8ヶ月を要しました。
安全性のチェックなど、制作方法をいろいろ苦慮したのと、お子様の体調不良などもあり長い時間がかかってしまいました。
製作にあたり注意したところは安全で強度があるネットを探し、ぶつかっても怪我をしないように工夫をすること。
又、上下する出入り部分は適度な摩擦があって、手を離しても急に落下することがなく、怪我をしないように配慮をすること。
大人になっても使える強度と、品質がいいマットを使用するなど考慮することは数多くありました。

ご依頼で勉強になったことは、制作方法はもちろんのことですが、障害者支援制度があることを知ったことです。
その制度を利用すれば障害をもたれたご家族の負担も少なく、快適な生活を送っていただけるような気がいたします。

また我々も‘ものづくり’に励めそうです。

 

131216_1[1]

 

131216_2[1]

「うれしい便りがきました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ