第391回 2013.07.22

すごい水槽の製作者に出会いました。

出会いは横浜商工会議所様の縁で、水槽の台を製作したいとの依頼で来社されたのがきっかけでした。
当社に来社をされ打ち合わせをいたしましたが、後日その方のショールームを拝見しに行ってきました。
ショールームの入り口にはかわいいモーターつきの自転車(これも作られたものでしょう)が展示してあり、その奥にその水槽が置かれています。
また水槽の奥には大きなガラスがパネル状に設置してあります。
音楽が流れていましたが、実はその大きなガラスのパネルそのものがスピーカーになっているとのことでした。
裏に回ってその仕組みも説明してもらいましたが、上階に住んでおられる方に影響しないように、天井とは干渉しないようにしたそうです。

さて水槽の話に戻りますが、展示してある水槽は、2年以上も掃除をしていないとのことでした。
ところが水は濁ってもいないし、水槽のガラスも綺麗な状態です。
説明では地球の仕組みそのものを凝縮したとのことです。
水槽の上のほうを泳いでいる魚や、中間の魚及び地底に近いところで動いている魚介類。
また、地底の中にいる虫達すべてが役割を持っており、なかには地底の中から夜になると40cmくらいの長い虫がでてきて、魚介類の排泄物などを処理しているとのことです。
水槽のガラスは、へばりついている貝が掃除をしているようです。

代表の立之様からは、この仕組みを説明するには6時間は必要とのことでした。
水槽を照らしているLED照明は、開発費が2,000万円かかったとのことですが、夕焼け・朝焼けなどなどが自由に演出できるとのことです。
まだ若くて40歳とのことですが、良くぞここまで追求したものだと関心をいたしました。
私の良い仲間になって頂きたいし、一緒に仕事ができることがあれば嬉しいですね。

マメデザイン株式会社様  http://mame-design.jp/

 

130722_1[1]

 

130722_2[1]

 

130722_4[1]

「すごい水槽の製作者に出会いました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ