第388回 2013.07.01

展示品として使用していた飾り棚が、姿を変えて蘇りました。

じつは新宿ギャラリーで使用していました飾り棚の一部は、展示の都合で使えなくなりました。
そのため当社ショールームの2階で使用していました。

ところが来社されたM様(女性)がその飾り棚を見て、非常に気に入っていただいたのです。
飾り棚の設計者でもあり、またM様とは茶道の仲間でもある建築家の千葉信一郎様は、ご自宅用としてのプランを引き受けられることになりました。
M様のご好意で、東急たまプラーザ店様のイベントにも使わせて頂きましたが、このたび姿を変えて、デスク兼飾り棚として蘇りました。
天板部分はバーズアイメープル材を使用していますが、千葉さんとM様がご一緒に、木場の銘木店で選ばれたものです。
非常に喜んで頂きましたが、その完成した写真をご覧くださいませ。

ギャラリーで使用時の写真

0701_1

デスク兼飾り棚
0701_2

0701_3

0701_4

「展示品として使用していた飾り棚が、姿を変えて蘇りました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ