第374回 2013.03.26

ブドウの剪定に失敗する

当社の庭にはブドウの木がございます。
鉢で買ってきたものを庭に植えてから20年近くになります。
非常に美味しいブドウが育ちます。
ただこれまで満足行くまでに育てたことがございません。

去年は見事なブドウが育ち楽しみにしていましたところ、鳥たち(スズメ・ハト)にすっかり食べられてしまいました。
今年は鳥たちに食べられないように、袋かけをしようと思っております。

また見事なぶどうを育てようと、幹の剪定からやろうと考えていましたが、剪定時期を逃してしまったようです。
先日選定しようとしたところ、切ったツルからは樹液が大量に流れ落ちてしまいます。
これでは幹を弱らせてしまいますので断念いたしました。

やっとインターネットで剪定方法がわかったのですが、残念です。
その方法とは、前年育ったツルで、3・4個の芽を残したところで切るとのことでした。
諦めきれなくていろいろ考えてみました。
要するに、3・4個の芽を残して、それ以外の芽を摘んでしまえば同じことではないだろうかとの結論に達しました。

果たしてその結果はどうなるのか、お楽しみにしていてください。

「ブドウの剪定に失敗する」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ