第292回 2011.08.08

大人になってからも使えるサークルベットが完成いたしました。

実は、障害をもたれたお子様が使うサークルベットでございます。
 
相談があったのは、去年の今頃だったかと思います。
 
内容は大人になってからも使える、頑丈で機能性もよく、ぶつかっても安全なサークルベットを作って欲しいとの事でした。
 
製作に当たり職人さんと一緒に注意したところは
 
1、安全で強度があるネットを探し、ぶつかっても怪我をしないようにする。
 
2、上下する出入り部分は適度な摩擦があって、手を離しても急に落下することなく、足などを挟まないようにする。
 
3、大人が使える品質が良いマットを使用する。(私が使用しているメーカーを使いました。)
 
などなど
 
依頼を受けてからとうとう1年が経ってしまいましたが、無事完成して非常に喜んで頂きました。
 
今回の御依頼者は川崎市にお住まいのお客様でしたが、川崎市(全国かも分かりません)では障害者支援制度がありまして、お客様の負担は約半分ですみました。
 
この制度を多くの方は知っておられますかね。
 
今回の依頼者は、当社のホームページを見てこられました。
 
週間日誌261回で紹介いたしました、ルナ君の椅子が目に入ったようです。
 
その当時、このルナ君の椅子を商品化すればとの話もありましたが、高額になるので断念した経緯があります。
 
この制度を利用すれば、このような特殊な分野の家具がもっと身近になる気が致します。
 
ベッド
 
ベッド2

「大人になってからも使えるサークルベットが完成いたしました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ