第261回 2010.12.20

今までに製作した中から

これまでいろんな家具を作ってまいりました。
 
最近、施工写真を整理していまして、思い出に残っているものもたくさん見つかりました。
 
その中から特に印象深いものを紹介いたします。
 
「ルナ君のイス」
イス
 
たぶん7・8年位前になるかと思いますが、NHKのたぶん「NHKスペシャル」だったかと思います。
 
脳に障害を持った天才児「ルナ君」が紹介されました。
 
このイスはルナ君のために作った特殊なイスで、放映中にも見ることができました。
 
この放映では、あまりにも衝撃的な内容だったため色々議論がおき、週刊誌なども半年くらいに渡って取り上げていました。
 

このイスを作った経緯は、ルナ君をボランティアでマッサージしておられる先生から頼まれたのがきっかけでした。
 
私は、ルナ君が7・8歳頃に出された本を4・5冊くらい読んでもいましたし、その本で、私が忘れかけていた大事なことも気づかせてもらっていたので、快く引き受けました。
 
ルナ君が10歳くらいだったかと思いますが、初対面の時は非常に緊張いたしました。
 
マッサージ店でお母さんとルナ君にお会いしました。(会話は文字盤を使って、お母さんがルナ君の腕を補助しながら行います。)
 
私が緊張していますとおもむろに、“あまり緊張しないで下さい、たかが脳障害児ですから”と言っていますとの事。
 
私がお母さんに“本の内容で、数学が好きだと書いてありましたが・・・”と聴きましたら、“私の大学時代の数学は全て理解しているようです。”との事。
 
また、“外国語はどうですか・・・?”の問いには、“約20カ国語を理解しているようです。”とのことでした。
 
このイスが完成したのは、その年の12月後半頃だったと思います。
 
お母さんからは非常に喜んで頂き、後にルナ君の新しい本をプレゼントしていただきました。
 
また、“このイスが無かったらこの本は書けなかったでしょう。”と嬉しい言葉も頂きました。
 
その年の一番良い仕事でした。
 
来年早々には、当社のホームページでルナ君の椅子をみられた、やはり障害を持っておられる子供さんが、大人になってからでも使えるサークルベットを造ります。
 

* イスの使い方。
 
背もたれに背を向けて、長い座面をまたぐように座ります。
 
ルナ君を横抱きの格好で抱え込み、片方の手は文字盤を持ち、もう片方の手でルナ君の手を補助しながら会話を致します。

「今までに製作した中から」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ