第221回 2010.03.08

技術の進歩はありがたいのですが

私の年代(60歳)になりますと、あらゆる製品についてですが、機能の進歩についていけません。
 
携帯電話では、発信・着信・短縮機能・カメラ・時刻・・大体それくらいしか使っていないと思います。
 
ビデオデッキに関しては、録画予約などはもちろん出来ませんから、再生のみです。
 
ただどうでしょうか。あまり機械を信じきっても怖い気が致します。
 
私は卒業してから、化粧品メーカーで経理の仕事を5年間やりました。
 
約30年前ですが、計算機の性能もあまり良くなかったようですね。
 
私は計算機を全面的には信じきっていなかったので、左手で計算機を使い、右手でそろばんをはじいて検算をしていました。
 
勤めた期間に、計算機の故障で違う数字が出たことが2度ございました。(今の機械はそのようなことは無いかと思います・・・)
 
最近、トヨタの電子制御ブレーキシステムのことが問題に上っております。
 
トヨタの技術力からすればたぶん問題はないかと思います。ただ、命にかかわる部分ですから気にはなります。
 
また、そのような分野では、機能は多少劣っても単純・安全でもいいような気も致します。

「技術の進歩はありがたいのですが」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ