第187回 2009.06.29

カマスと小魚の話。

先日友人とお酒を飲んでいて、いろんな話をしていましたところ友人が、
 
“カマスと小魚の話を知っていますか?と言い、話を続けます。
 
カマスと小魚を一緒に水槽に入れると、カマスが小魚を食べてしまいます。
 
そこで、カマスと小魚をガラス板で仕切ると、カマスは小魚を食べようとしてもガラスにぶつかり食べることが出来ません。
 
今度はガラス板を取り除いてあげます。そうするとガラスがないにもかかわらずカマスは小魚を食べようとしません。
 
そこに新しいカマスを入れてやると、その新しいカマスは小魚を食べてしまいます。
 
その様子を見ていた古いカマスは、本来の本能を取り戻して小魚を食べるようになる。”

 
そのような話でした。
 
当社には、一昨年と今年に二匹の「カマス君」たちが入社しました。
 
そのことが古いカマスたちにとっては、大変良い刺激になっているようです。

「カマスと小魚の話。」を見ている方はこの記事も見ています

  • こんな業界にも不況の影響があった。

    こんな業界にも不況の影響があった。

    週間日誌183回で紹介しました元同僚のことですが、彼はリサイクル品の販売をしています。   去年から ...…

  • ある社長の夢

    ある社長の夢

    私は今、PHP研究所出版の「私の夢会社の夢」という本を読み返しています。   この本は以前週間日誌1 ...…

  • 新幹線に乗って

    新幹線に乗って

    先日、新幹線を使って倉敷に行ってきました。   私は新横浜から自由席に乗り、感じたことがあります。 ...…

  • 中学1年時の担任の先生から電話あり

    中学1年時の担任の先生から電話あり

    私が学生時代の先生の中で、一番思い出に残っている男性の先生から電話がありました。   その先生には、 ...…

ページ上へ