第183回 2009.06.01

昔の同僚と酒を飲む

私が家具問屋に勤めていた28歳頃、高校を中退した男性が入社してきました。
 
彼はその時から髪の毛が薄く、飲み屋で年当てゲームをしますと、ある時は40歳といわれたこともありました。
 
営業に出る時は、後で知ったのですが、30歳で通したとのことでした。
 
私は彼が入社してから1・2年後に退社しましたから、勤めていた会社のその後を懐かしく語り合いました。(会社は今現在、存在していません。)
 
その後彼にも事情が発生し、今現在は、破産宣告を受ける身になったとのことでした。
 
彼は、その当時から非常に根性があり、今現在でもハンディを背負ってはいるものの、立派に生活をしていました。
 
おまけにこの日の勘定は、いつの間にか彼が払ってくれていました。
 
破産宣告を受けた人に御馳走してもらうなど、あまり聞く話ではないですよね。
 
近日中に、私にとっては30年以上ぶりになりますが、元同僚と連絡を取り合い、集まることとして分かれました。
 
また楽しみがひとつ増えました。

「昔の同僚と酒を飲む」を見ている方はこの記事も見ています

  • こんな業界にも不況の影響があった。

    こんな業界にも不況の影響があった。

    週間日誌183回で紹介しました元同僚のことですが、彼はリサイクル品の販売をしています。   去年から ...…

  • ある社長の夢

    ある社長の夢

    私は今、PHP研究所出版の「私の夢会社の夢」という本を読み返しています。   この本は以前週間日誌1 ...…

  • 新幹線に乗って

    新幹線に乗って

    先日、新幹線を使って倉敷に行ってきました。   私は新横浜から自由席に乗り、感じたことがあります。 ...…

  • カマスと小魚の話。

    カマスと小魚の話。

    先日友人とお酒を飲んでいて、いろんな話をしていましたところ友人が、   “カマスと小魚の話を知ってい ...…

  • 中学1年時の担任の先生から電話あり

    中学1年時の担任の先生から電話あり

    私が学生時代の先生の中で、一番思い出に残っている男性の先生から電話がありました。   その先生には、 ...…

ページ上へ