第145回 2008.08.25

今年は頭がさえません。

今年は年回りがあまりよくありません。
 
その為に、年始には神社にお参りに行ったりしておりました。
 
「ものづくり」に励もうとしても、いいアイデアがなかなか浮かびません。
 
週間日誌78回目で紹介しました、「一直線上の引き違い扉」を交差させる。
 

実は、挑戦してはおりました。
 
試作品を2回製作し、2クッションで交差し開閉するまでにはなりました。
 
ただ、1クッションで交差させたいがために、頭の中が迷路に入ってしまいました。
 

2年前には、頭が冴え渡り、1000人の挑戦者を退けたい思いで製作した「からくり家具」、泥棒に見破られない「防犯家具」。
 
また、恐れ多くも作り上げた作品が、偶然にも江戸時代の彫刻職人「左甚五郎」が製作したものと同じものだった「本千鳥格子(私が勝手に銘銘)」。
 
などなどを次々に完成させました。
 
申し訳ございませんが「一直線上の引き違い扉」は、もう少し休ませてください。
 
たぶん、年回りがよくなりましたら完成するかと思います。

「今年は頭がさえません。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ