第135回 2008.06.10

とうとう“からくり家具”の種明かしをするときがきました。

10年間見破られたくない。

1,000人の挑戦者を退けたい。

そんな思いで製作して1年半が過ぎました。

これまで見破った方はおられません。

また、現在まで約180人の挑戦者を退けております。

当初、見破る方が現れなかった場合は、“種明かし”をどのようにしようかと考えました。

結局
 

1.10年が過ぎた場合。
 
2.1,000人の挑戦者を退けた後。
 
3.“からくり家具”を買っていただいた方。

 
に致しました。
 

とうとう種明かしをするときが参りました。

 
と言うのは、そうです、買ってくださる方が現れたからです。
 
その方は、新潟で会社を経営されている方でございます。
 
先週、納品に行ってきました。
 
奥様に立ち会っていただき、感動の種明かしを致しました。
 
からくり
 
「からくり家具」
このチェスは、引出しの中のどれかひとつの「からくり」を見破れば、ひとりでに出
てまいります。
その引出しを閉めれば、ほかの引出しがゆっくり出てきます。
その繰り返しにより、全ての引出しを開けるというものです。

「とうとう“からくり家具”の種明かしをするときがきました。」を見ている方はこの記事も見ています

ページ上へ